Other
リコーイメージングは、人間の目に見えない赤外線領域も撮影できる中判デジタル一眼レフカメラ『PENTAX 645Z IR』を開発しました。リコージャパンから注文を受付中で、発売日は2016年1月15日です。

ただし購入できるのは、図書館や博物館、研究機関、官公庁といった専門機関のみで、購入するには使用条件を規定した契約書を締結する必要があります。また、一般向けには販売しません。

『PENTAX 645Z IR』は、有効画素数約5140万画素、ローパスレス仕様のCMOSイメージセンサー(43.8×32.8mm)を搭載した、高性能デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645Z」をベースにした製品です。

CMOSイメージセンサー前面から赤外線(IR)カットフィルターを外した仕様で、可視光に加えて、赤外波長域(約1100nmまで)の撮影を可能にしています。さらに別売の可視光カットフィルターを装着すると、赤外線だけの撮影も行なえます。

Other

赤外線撮影により、対象物に触れることなく文化財や壁画・絵画の下描きを調査したり、出土した木簡に書かれていた墨文字を判読したり、警察の鑑識などでも活用できます。

Other

また、赤外線のピント位置をチルト式液晶モニターにライブビューする機能も備えています。

Other

ボディは76ヶ所にシーリングを施した防塵・防滴仕様で、気温-10℃まで使用可能の耐寒性能、10万回の動作試験をクリアしたシャッター機構を備えており、洞窟や遺跡など現地で調査・撮影が必要な時でも役立ちます。

そのほか、最高ISO感度はISO204800、フルHD(1920×1080)/60iでの動画撮影に対応するといった性能は「PENTAX 645Z」から引き継がれています。

絵画の下絵から作者の意図を読み取る、経年劣化する前の文化財の姿を考察するといったことに大活躍する『PENTAX 645Z IR』。性能をフル活用し、歴史の新たな真実が解明される日も近いかもしれません。