LINEが生配信プラットフォーム LIVE を公開しました。ツイキャスやニコニコ生放送的に映像のライブ配信や視聴が可能。Android / iOS /WEBブラウザで利用可能。生配信第一弾として12月10日19時より「AKB48 劇場10周年記念トーク」を配信します。



LINE LIVEは、ニコニコ生放送やツイキャスのように、ライブ映像をインターネット経由でストリーミング配信できるプラットフォームです。配信中の生放送に加えて、過去に人気だった放送、生放送へのユーザーのコメントなどもタイムライン上で閲覧できます。

サービス開始当初は配信できるのはタレントやアーティスト、企業などに限られます。このような公式生放送を1日に3〜8本程度配信するとしています。

なお、個人によるライブ配信には2016年早々にも対応予定。その際にはスマートフォン1台で手軽に配信が行える専用アプリを用意します。LINE LIVEの利用は無料ですが、今後は企業が有料コンテンツを提供できる仕組みや、個人奔走ヌシに対するドネーション(投げ銭)機能も用意するとのことです。


こちらが2016年早々に提供予定の配信用アプリです。


LINE LIVEは公式生放送が豊富なのが特徴。原宿駅前ステージやTwin Box Akihbaraといった劇場ともコラボするほか、オールナイト日本の特別番組、さらに第57回 輝く!日本レコード大賞でも放送前の会場から特別番組を提供します。




LINE LIVEの強みはプッシュ通知



LINE LIVEの強みについて、同社の佐々木大輔氏は『(LINEの)プッシュ通知ができること、そしてそれが友だちリストに表示されること』と話します。

ニコニコ生放送やツイキャスなどと違い、LINE LIVEではLINEアプリのフレンドリスト上に、友だちとのトークと同様のプッシュ通知を送ることが可能。『プッシュ通知でも単なるメッセージなら無視されるが、LINEでは友人も企業ブランドも等しく友だちとして扱われる』(佐々木氏)といい、開封率が高く見てもらえる仕組みができていると話します。LINEはこの高い開封率をコンテンツプロバイダーに訴求し、広告などによる収益化に繋げます。


生放送の予告などをLINEのフレンドリスト上でプッシュ通知可能



LINE LIVEでは生放送第一弾として、本日12月10日19時より「AKB48 劇場10周年記念トーク」を生放送。発表会場にはAKB48の柏木由紀さん、渡辺麻友さん、横山由依さん、加藤玲奈さんが登壇しました。生放送番組への出演が豊富な柏木由紀さんは、ライブ配信について『生放送なら言ったことが確実に伝わる」とコメントしました。





LINE LIVEはAndroid / iOS、およびWEBブラウザで利用可能。今後はリビングの大画面テレビでも視聴できるよう、ChromecastやApple TVへの対応も検討しているということです。