ガジェット好き注目!最新IoT機器を体験できるスペース『TECH CAFE』、12月18日よりワイモバイル六本木 Internet Parkと心斎橋筋店内にオープン

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2015年12月15日, 午後 01:30 in 3dPrinter
0シェア
FacebookTwitter
Other

ソフトバンクは、最新IoT機器を体験できるスペース『TECH CAFE』を、12月18日よりワイモバイル六本木 Internet Parkと心斎橋筋の両店内に開設することを発表しました。

ラインアップや設備は両店舗で違いがあり、両店舗ともに展示されるのが、片手で1600万画素の静止画やフルHD画質で動画を撮影できるHTC製アクションカメラ「HTC Re Diplo」や、Wi-Fiで遠隔操作が可能なロボットカメラ「appbot LINK」、耳栓のようなフォルムの超小型Bluetoothイヤホン「EARIN」などの最新ガジェットになります。

Other

そして「ワイモバイル心斎橋筋」は、手持ち撮影用4Kカメラ「Osmo」やスマホ連動ウェザーステーション「NETATMOウェザーステーション」など、多数の製品を展示しているのが特徴です。一方「ワイモバイル六本木Internet Park」にしか展示していない製品は、スター・ウォーズの転がるドロイド「BB-8」そっくりなSphero製ラジコントイのみですが、PCや3Dプリンター、複合機などを利用できるサービスを提供しています。

Other

また、両店舗ともに展示された製品のうち、一部は購入可能です。さらに「ネスカフェ ドルチェ グスト ドロップ」を置いており、利用者に無料でコーヒーを提供するとしています。ほかではなかなか見られない最新ガジェットも展示されているので、ガジェット好きならぜひチェックしておきたいスポットです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 3dPrinter, bluetooth, DJI, htc, IOT, softbank, ymobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents