格安SIMのmineoが全ユーザーでパケットをシェアできる『フリータンク』発表。投げ銭感覚でパケットを贈るチップ機能も

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年12月16日, 午後 04:30 in mineo
0シェア
FacebookTwitter


mineo(マイネオ)は、全国のmineoユーザーでパケットをシェアできる新機能「フリータンク」を12月17日に開始します。その月の余ったパケットをフリータンクに入れたり、逆にパケットが足りない場合にはフリータンクから引き出して使えるユニークな機能です。
mineoはNTTドコモ網とKDDI網を利用したMVNOです。同社はこれまでも、余ったパケットを家族や友人と分け合える「パケットシェア」や「パケットギフト」を提供していました。

「フリータンク」はこれを一歩進化させ、全国のmineoユーザーでパケットを共有できるようにした新機能。月末で期限が切れるパケットをフリータンクに入れて全国のmineoユーザーと共有したり、逆に足りない時にはフリータンクから引き出して使えるようになります。

利用制限は、フリータンクに入れる場合は月に合計10GBまで。フリータンクから引き出す場合は月に2回、合計1GBまで、引き出し可能期間は毎月21日〜末日です。同機能を使えるのは同社の無料コミュニティサイト「マイネ王」に会員登録した全mineoユーザーとなります。

また、投げ銭的な機能「チップ」も用意。これはマイネ王での投稿やコメントに対して「いいね!」や「ナイス」感覚でパケットをプレゼント可能。チップ1回につき自分のパケット10MBを相手にプレゼントできます。こちらは回数・容量ともに無制限です。

mineoは同機能の提供を通じて、ユーザー同士の交流がより活性化し、ユーザーのmineoライフがより楽しいものになることを目指すとしています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: mineo, mvno
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents