発売即完売のSIMフリースマホ FREETEL 極が増産へ。3.9万円で6型WQHD液晶、8コアCPU、21MPカメラの高コスパ仕様

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2015年12月21日, 午後 12:20 in freetel
0シェア
FacebookTwitter


FREETELは、ハイスペックかつ低価格で話題を集めたSIMフリースマートフォン極(KIWAMI)の増産を決定しました。増産分の出荷は1月下旬を予定しています。

FREETEL SAMURAI 極(KIWAMI)の主な仕様は下記の通り。
  • 6.0インチ WQHD(2560 x 1440) ディスプレイ
  • MediaTek Helio X10 8コアプロセッサ 2.0GHz
  • RAM:3GB
  • 内部ストレージ:32GB (microSDXC 128GB対応)
  • リアカメラ:2100万画素、インカメラ:800万画素
  • SIMスロット数:2
  • 3G:UMTS B1/B6/B8/B19、FDD LTE B1/B3/B7/B8/B19
  • Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz) Bluetooth 4.1 LE対応
  • センサ:A-GPS / GLONASS / 加速度 / 近接 / 光 / e-compass / Gyroscope / NFC / 指紋認証
  • バッテリー容量:3400mAh
  • サイズ:159.5 × 82.6 × 8.9 mm 重量:182g
  • OS:Android 5.1 Lollipop6.0インチWQHD解像度の高精細ディスプレイ
MediaTEK Helio X10オクタコアCPUに2100万画素カメラ、指紋認証にも対応するハイエンド仕様ながら、税別3万9800円という低価格が特徴。

本機種は数量に限りのある限定生産モデルとして、11月16日に予約注文を開始、11月20日に販売を開始しましたが、フリーテルによれば『予想を上回る注文』により発売即完売となっていました。

FREETELはより多くの消費者に「極」を届けるためとして、さらにワンロットの増産を決定。増産分の供給は現在のところ2016年1月下旬頃を予定しているとしています。


背面にはタップするだけで使えるエリア式の指紋スキャナを搭載します。




6インチのディスプレイサイズは一般的なスマートフォンに比べると大型です。FREETEL 極(KIWAMI)の試用感については下記記事をご覧ください

サンキュッパのハイエンドSIMフリースマホ『極(KIWAMI)』、コスパの高さで他を圧倒するか。(週刊モバイル通信 石野純也)

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: freetel, freetel kiwami, fretted kiwami, kiwami
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents