急速に年末年始モードに移行する時期となる今日この頃ですが、auとソフトバンクが、2016年の年頭に開始するショップ店頭キャンペーンを公開しました。両社とも開始日は1月1日(または販売店の開店日)から。

auは三太郎CMのシリーズに連動した「鬼甘い」おしるこのプレゼント、ソフトバンクは店頭おみくじによる(白戸家)お父さんグッズのプレゼントです。


auのおしるこは、文字通り(?)かなり甘い味付け。パッケージの裏に「新春鬼みくじ」と称したおみくじがつきます。
応募条件は全国のauショップ・PiPitにおいて、店頭アンケートへ回答すること。au回線のユーザーでなくてもOKですが、1人あたり1個限定です。



ソフトバンクの景品は「お菓子大入りお父さんダルマ」をはじめとして、お父さんカレンダー2016年版やお父さんカイロ、ポチ袋やクリアファイルなどのお父さんグッズ。新春キャンペーンらしく、はずれなしの体裁です。
こちらは店頭でおみくじを引いての抽選方式です。参加条件は、ソフトバンク取扱店に2名以上の家族で来店し、携帯電話やPHSを見せるというもの。ソフトバンク回線以外の機種でも大丈夫です。



携帯電話ショップにおいて、年末年始は重要なキャンペーン時期の一つ。こうしたプレゼントキャンペーンは恒例的な行事ではあるのですが、それだけにマンネリにならないよう、各社が工夫を凝らすところでもあります。年始に携帯電話ショップに訪れる方は、そうした点に注目するとさらに面白いかと思います。