リコーとリコーイメージングは、同社の全天球カメラであるRICOH THETAシリーズ専用のiOS向け動画編集アプリ『THETA+ Video』の提供を開始しました。対応OSはiOS 8以上。

THETAシリーズは、ワンタッチで360度全方位の静止画・動画を撮影できる全天球カメラです。これまで同シリーズで撮影した静止画はスマートフォン用アプリ「THETA+」を使って編集できましたが、これは動画編集には非対応でした。今回『THETA+ Video』が配信されたことで、撮影したパノラマ動画や「THETA+」で作成したタイムラプス動画の編集が可能になりました。




『THETA+ Video』は、動画内の好きなシーンの切り取りや、同アプリオリジナルの楽曲から動画の雰囲気に合ったものを選択・挿入できる機能を備えています。



ほかにも、「THETA+」で利用できた「フィルタ/ビュー」機能も用意。「フィルタ」機能は画像をモノクロや緑がかった色合いに一変するフィルターを10種類利用でき、「ビュー」機能では1つの大きな球体に映像を反映させるなど、動画の印象を大きく変えられます。



編集した動画はスマートフォン内に保存し、「RICOH THETA」と同名のアプリから閲覧可能です。FacebookやInstagramなどのSNS、YouTubeにも投稿でき、FacebookとYouTubeでは360度動画もサポート。自由に視点を動かして動画内を360度見渡せます。



今回のアプリ公開で、ついにTHETAシリーズのパノラマ動画が編集できるようになったことで、より幅広い表現が可能になるはず。今回はiOSのみということで、Android版については未発表。今後配信されることに期待が高まります。