【動画】これがCerevoの歩くプロジェクターロボ Tipron 、可変型ホームロボットをスマホで動かしてみた!

弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
2016年01月5日, 午後 08:15 in cerevo
0シェア
FacebookTwitter


Engadget 日本版 YouTubeチャンネル
より。米国ラスベガスで開催中のCES2016に登場した、Cerevoのプロジェクター搭載可変型ホームロボット「Tipron」を紹介します。動画は1分23秒です。

Tipron(ティプロン)は、2〜3歳ぐらいの子供サイズのホームロボット。頭にはプロジェクターとカメラ、腹部にセンサーとスピーカーを搭載しています。充電時や移動時の高さは約40cm。

映 像投影や写真撮影時には、背がぐんと伸びて、高さ約80cmのプロジェクションに変形します。頭部のプロジェクタ・ユニットはアプリを使用して角度を変更 でき、約1mの高さに映像を投影することができます。3mの距離で80インチの投影が可能で、最大解像度はHD(1280 x 729ドット)、輝度は最大250lm。投影場所まで全自動でスマートに移動します。

本体で撮影しているカメラ映像を、スマートフォンでストリーミング再生することも可能。映像は、床、壁面、天井など好きなところに投影できるので、新しい映像の楽しみ方を見つけられそうですね。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: cerevo, CES, ces2016, Engadget JP channel, robot, tipron
0シェア
FacebookTwitter