高音質オーディオ形式「MQA」対応スマートフォンがCES 2016で世界初公開、HTC One A9ベースで試作

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年01月5日, 午後 05:30 in audio
0シェア
FacebookTwitter

英メリディアンが、2014年末に発表した同社提唱の高音質オーディオフォーマット「MQA」に対応するスマートフォンを発表しました。HTC と提携し、同社のスマートフォン One A9 をベースに MQA 対応としたスマートフォン試作機を用意、米ラスベガスで1月6~9日に開催される国際家電見本市 CES 2016 で公開します。 

MQA は2014年12月にメリディアンが発表したオーディオフォーマット。ハイレゾ音源を、その音質を保ったままおよそ 1Mbps 前後にまで低ビットレート化可能で、MQA 対応の再生機器ならハイレゾ音質で、対応しない機器でも CD 音質での再生が可能です。

CES 2016 では HTC One A9 をベースに MQA 対応させた、One A9改 とでも言うべきデモ機を展示します。ただ、この MQA 対応 One A9 についてはデモ用という以外の詳細は未発表。また今後 HTC から MQA 対応のスマートフォンが製品化されるのかどうかも、現時点では不明です。

これまでに MQA 対応の再生機器としてはメリディアン自身が USB-DAC /ヘッドフォンアンプ「Explorer 2」を発売しているほか、日本国内ではパイオニアが MQA 対応の携帯オーディオプレーヤー XDP-100R を発売。現在、国内海外合わせると11社が MQA 対応機器メーカーに名を連ねています。

メリディアンはまた、ノルウェーの音楽配信サービス「2L」との提携も併せて発表しました。これまでにメリディアンはオンキヨーが海外で展開するハイレゾ音源配信サービス Onkyo Music や音楽ストリーミングサービス Tidal 、さらに日本のクリプトンが運営する HQM Store、7digital などとの提携を発表済み。緩やかではあるものの、MQA フォーマット対応のコンテンツ配信元もじわじわと数を増やしています。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: audio, CES, ces2016, hi-res, high resolution audio, htc a9, meridian, mqa, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents