Other

グンゼとNECは、着るだけで姿勢や消費カロリー、心拍数を計測できるインナーを共同で開発したことを発表しました。インナーとBluetooth接続したスマートフォンを経由し、クラウド上でデータを管理できるとしています。

胸部にはNEC製の活動量センサーや通信機能を備え、柔軟性がある小型薄型のNEC製ウェアラブル端末を搭載しています。端末からデータを取得し、スマートフォンへBluetooth Low Energyで転送し、データをチェックできます。
本システムは、グンゼの持つ編み(ニット)に関する技術とNECの技術を組み合わせて開発されました。伸縮性や通気性を維持しながらも、姿勢センサーや配線として活用する導電性繊維をインナーに加工。一般的なインナーと同様に、洗濯も可能です。さらにグンゼの連結子会社であるグンゼスポーツのノウハウを活用、着用中の姿勢を測定できるデザインも実現しています。

また、データはNECのクラウド上に蓄積され、サービス事業者はこれらデータを活用可能。姿勢・ゆがみ・癖など身体の状態を可視化し、姿勢改善や肩こり予防に役立つアドバイスの提供、ユーザー間の比較や傾向分析などのヘルスケアサービスの提供を実現します。グンゼは本システムを利用し、2016年度中に腰痛予防や姿勢改善などのサービスを開始する予定です。

なお、この衣料型ウェアラブルシステムは、1月13~15日に東京ビッグサイトで開催される「第2回ウェアラブルEXPO」に出展されます。

Other

今回発表された違和感なく日常利用できそうなIoTインナーは、リストバンド型のアクティビティトラッカーの良いライバルとなってくれるかもしれません。