動画:パナソニックのビデオカメラは「活かす4K」。フルHD変換で撮影後ズーム&パン、スタビも。アノ映画の撮影シーンも再現可:小寺レポート

Nobuyoshi Kodera
Nobuyoshi Kodera
2016年01月7日, 午後 08:40 in 4k
0シェア
FacebookTwitter


Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。連日濃すぎる話題をお届け中のCES 2016ですが、パナソニックのハイエンド4Kカメラ「HC-WXF991」の動画レポートをお届けします。製品型番は米国向けのもの。

せっかく4Kで撮影をしても4K映像をそのまま楽しめない。——そんな過渡期にある4Kにおいて、パナソニックは4Kで撮影しておければ後からその映像を活かせるよ、と提案します。フルHDサイズに変換して出力することにはなりますが、4K解像度を活かして後からズームやパンできる機能を搭載。スタビライザー機能によってブレ抑制にも4Kを使えます。

このほかハイアマチュア向けの映像機能として、映画的なカメラワークを楽しめる機能も用意。いわゆるドリーズームが可能で、登場人物のサイズはそのままに、背景の画角を変化するアノ映像が撮影できます。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 4k, 4kVideo, ces2016, Engadget JP channel, HC-WXF991, panasonic
0シェア
FacebookTwitter