ゼンハイザー、フラッグシップヘッドホンHD 800S発表。中低音の再現力を強化、アブソーバーテクノロジー採用

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年01月8日, 午後 01:00 in audio
0シェア
FacebookTwitter

ゼンハイザージャパンが、ヘッドホン製品の新たなフラッグシップとなる HD 800S を国内で正式に発表しました。発売時期は2月上旬で、予想実売価格は20万円前後の見込みです。




数ある高級ヘッドホンのなかでも突出した評価を得ているゼンンハイザー HD 800。新フラッグシップとなる HD 800S は HD 800 の意匠を受け継ぎつつ、カラーをブラックに変更しました。

56mm径のトランスデューサーはHD 800 と同じものを採用、ステンレス製のケーシングで保護されます。イヤーカップに若干の角度変更を加えたことで耳への音の入りを改善。さらに IE 800 イヤホンに初採用した、高音のマスキングを防止するアブソーバー技術を取り入れて不要な共鳴を吸収しつつ、中低音の再現力を高めたとしています。

ヘッドバンド部はプラスチックとステンレスを重ねた構造とし、イヤーカップは金属製品を代替するため航空業界向けに作られたプラスチック素材を採用したとのこと。

ダイナミック・オープン型のヘッドホンで、重量は約370g。再生周波数特性は6〜51kHz(-10dB)。インピーダンス300Ω。感度は102dB。ケーブルは両出しで長さは約3m。コネクターは6.3mmの標準ジャック。ヘッドホンアンプ HDVD 800 に対応する XLR4 コネクターで長さ3mのバランス駆動用ケーブルが付属します。

スピーカーを目指したとされる HD 800 は、オーケストラのようなライブ録音の音源で最高のパフォーマンスを示す一方、スタジオ録音のヴォーカル物などでは高音成分が強すぎるとする声も聞かれました。とはいえこの価格帯のヘッドホンになると音がいいのは当たり前で、あとは聴く人の好みが大きく左右してくる部分の話でもあります。はじめて高級機に手を伸ばそうと思うなら、オーディオ関連のイベントなどにある試聴機を自身の耳で、好みのジャンルの楽曲でチェックしてみることをおすすめします。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: audio, hd 800s, headphones, hi-fi, hifi, sennheiser
0シェア
FacebookTwitter