秒間120コマの滑らか画面がauでも。4.7型フルHDの小型高級モデルAQUOS SERIE mini SHV33発表

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2016年01月12日, 午後 12:00 in aquos
0シェア
FacebookTwitter


auが2016年春モデルとして、スマートフォンと携帯電話の新製品群を発表しました。その中でも高性能モデルとして位置づけられるのが、シャープ製『AQUOS SERIE SHV33』。4.7インチフルHD(1920×1080ドット)液晶パネルとクアルコム製Snapdragon 808 SoCを搭載するモデルです。
発売予定日は1月下旬でカラーは4色。価格は原稿執筆時では未定です。

特徴は、NTTドコモ向けやソフトバンク向け製品では先行搭載されていた『ハイスピードIGZO』液晶を搭載した点。画面書き換え回数が最大で秒間120回(120Hz)と高速になったことで、滑らかな画面スクロールなどが楽しめます。



LTEの対応規格の通信速度は、au 4G LTEが225Mbpsまで、WiMAX2+が220Mbpsまで。それぞれキャリアアグリゲーション(CA)にも対応。そのほかの基本的な仕様は、ソフトバンクのシャープ製モデル『AQUOS Xx2 mini』に近い仕様です



メイン(背面)カメラの画素数は有効約1310万画素。リコーのデジタルカメラGRシリーズ開発メンバーによる画質改善認証プログラム「GR certified」を取得した高画質が自慢です。また、光学式手ブレ補正や120fpsでの動画撮影機能も備えます。

前面カメラは有効画素数は約800万画素。約83度の広角レンズを装備するため、複数人での自撮りも楽な仕様です。



最大の特徴であるハイスピードIGZOの効果は、多くのユーザーが十分に体感できるもの。ホーム画面やWebブラウザーでは、画面のスクロールが滑らかとなり、操作が楽しくさえなります(上記画面の「高速液晶表示」がこの設定です)。詳細は、下記の動画と紹介記事を参照ください。



実はスゴイ今期のシャープ製スマホ、120Hz駆動ハイスピードIGZO液晶の実力をスロー動画でチェック

さらに、シャープが注力する会話重視のエージェント機能『エモパー』の最新版3.1や、本体を持つだけで画面がONになる『グリップマジック』機能なども搭載。防水性能はIPX5/8、IP6X防じん性能も備えます。



このようにSHV33は、ヘビーユーザーから評価の高まっているハイスピードIGZOをはじめとするシャープ製スマートフォンの最新機能を、片手で楽に持てる小型の本体に備えたモデルという位置づけ。滑らかな画面は一見の価値ありです。

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: aquos, aquos phone, aquos serie, AQUOS SERIE SHV33, au, au2015summer, kddi, kddi au, sharp
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents