auがQua phoneとQua tab 02発表、基本性能が充実したスマートフォンとタブレット

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2016年01月12日, 午後 12:02 in au2016spring
0シェア
FacebookTwitter



2016年1月12日、auが2016年春モデルの新製品群を発表しました。中核モデルとなる中の2台が、auのオリジナルブランドQua(キュア)で初めてのAndroidスマートフォンとなる『Qua phone』(写真右)と、Qua tabの後継機となるLTE通信対応Androidタブレット『Qua tab 02』(左)です。製造メーカーは、phoneが京セラ、QUA tab 02はファーウェイ。

両機種とも仕様的には比較的廉価な構成ですが、Qua phoneは高い防水、防じん性能などを、Qua tab 02は1920×1200(WUXGA)解像度液晶と高音質機能をアピールします。発売はQua phoneが2月上旬、Qua tab 02が2月中旬。価格に関して、Qua phoneが分割時の割引後価格で実質2万円台前半、Qua tab 02が一括支払いで2万円台中盤、分割時割引後で実質1万円台前半の予定です。

【更新】発表会にて価格情報が得られたためアップデートいたしました。



Qua phoneは、5インチHD(1280×720)解像度の液晶パネルを搭載するスマートフォン。スリムな金属製の本体に、京セラ製スマートフォンらしい高い耐久性を備えた点が特徴。IPX5/8と高いレベルの防水性能やIP5Xの防じん性能に加え、表面ガラスには耐衝撃性に優れるDragonTrail Xを採用。京セラ製携帯電話の特徴であるスマートソニックレシーバーも搭載します。



心臓部となるSoCは、クアルコムのSnapdragon 410(MSM8916)。メインメモリは2GB、ストレージ容量は16GBという、いわゆる廉価SIMフリー機で人気の構成です。



ベーシックな価格帯にバッテリー容量は2200mAhで、メイン(背面)カメラは約1300万画素、正面カメラは約200万画素と、基本仕様はベーシックなところに留まりますが、その分価格は「アフォーダブル」(発表会にて)とアピールされました。



Qua tab 02は、10.1インチ液晶パネルを搭載するタブレット。SoCは初代モデルと同じく、クアルコムのSnapdragon 615(MSM8939)を採用。メインメモリは2GB、ストレージは16GB。バッテリーは大容量の6500mAhを搭載します。



WUXGA解像度の画面と、ファーウェイ独自のサラウンドオーディオソフトウェア技術『SWS 2.0』(SWSとはSuper Wide Soundの略)の搭載が特徴。横置き状態で正面両サイドに配置されたスピーカーと合わせて、臨場感を強調します。

本体のデザインが初代Qua tabを引き継ぎ、裏面の四隅部分は曲線で繋がったスタイルとなっている点も特徴。ただし初代モデル(京セラ製)の特徴だったIPX5/7の防水性能には非対応なのが残念なところです。


ホームアプリは、初代Qua tabを引き継ぐ『auベーシックホーム for Qua』を両モデルともにプリインストール。同じテーマの画面とすることで、シリーズとしての統一性を重視しています。また、タブレット側でスマートフォンで見ていたWebサイトや画像を転送し続き見が可能な連携機能『au シェアリンク』にも対応します。

なおLTE通信サポートは、両モデルとも最高150Mbps、WiMAX2+は110Mbpsまで。キャリアアグリゲーションは非対応という構成です。



Quaシリーズは昨年のQua tabから登場したauのプライベートブランドですが、タブレットの第二世代機とともにスマートフォンが登場したことで、シリーズとしての存在感が大きく増しました。

昨今は情勢的に、これまでに比べてはるかに大きくベーシックモデルが注目されていることもあり、ともすればauを代表しそうなシリーズともなりそうな予感を持たせるモデルです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: au2016spring, HUAWEI, kyocera, QUA Phone, QUA Tab 02
0シェア
FacebookTwitter