iPhone 6s / Plusのバッテリー残量表示に不具合。手動タイムゾーン変更で発生、再起動→自動設定オンで修正可能

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2016年01月18日, 午後 05:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter


Appleは、iPhone 6s / 6s Plusにおいてバッテリー残量が正しく表示されない場合があると案内しています。発生条件は、手動で時刻を変更したり、海外渡航時などに手動でタイムゾーンを変更した場合としています。

Appleは公式サポートページにて下記の修正方法を案内しています。
  1. iPhoneを再起動
  2. 設定>一般>日付と時刻 に移動
  3. タイムゾーンの自動設定をオンに
タイムゾーンの自動設定がもとからオンになっていたり、この操作を行っても再び問題が発生する場合にはアップルのサポートに連絡するよう呼びかけています。

またアップルはこの不具合を認識しており、原因と解決策を調査しているとのこと。なおアップルは先日、iOS 9.3のベータ版を公開したばかりで、OSアップグレードにより問題の根本的な修正が待たれます。

iOS 9.3ベータ1一般提供開始。ブルーライト軽減、メモのTouch IDロック、クイックアクション追加など
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apple, iphone, iphone6s, iPhone6SPlus
0シェア
FacebookTwitter