マイクロソフトが Surface Pro シリーズのAC電源ケーブルを自主回収します。長期間にわたりきつく巻いたり、大きく折り曲げることを繰り返した場合、過熱・発火や感電に至るおそれがあることが分かったとして、破損の有無にかかわらず無償回収を実施します。

対象は Surface Pro および Pro 2 の全点、および2015年7月15日以前に製造されたSurface Pro 3同梱のAC電源コード(旧タイプ)。該当する場合、マイクロソフトの交換プログラムから申しこめば交換品を受け取れます。

マイクロソフトによれば、対象となるAC電源コード(古いタイプ)は大きく曲げ伸ばしを繰り返したり長期間きつく巻いた状態にすると、過熱から発火、感電などのおそれがあることが判明したとのこと。

「現在までに深刻な被害が発生したとの報告は寄せられていない」ものの、少数のユーザーから(破損や過熱の)報告があったため、自主交換を実施します。


対象は Surface Pro、Surface Pro 2付属のAC電源コード。および、Surface Pro 3でも古いタイプが付属していた場合は交換の必要があります。見分け方は画像のとおり。

対象でないのは、Surface RT、Surface 2, Surface 3, 2015年7月15日以降のSurface Pro 3同梱品(新しいタイプ)、Surface Pro 4、およびSurface BookのAC電源コード。今回のリコールには、ACアダプタ本体とDCコード(Surfaceに接続するコード)は含まれていません。 (ユーザーなら当然ご存知と思いますが、AC電源ケーブルとACアダプタは取り外せます。念のため)。


自主回収と無償交換と称するものの、破損のおそれのある古いタイプのAC電源コードを送り返す必要はなく、マイクロソフトは各自で処分するよう指示しています。

該当するSurface Proシリーズを使っている場合、交換品が届くまでは「AC電源コードのご使用をお控えください」とのこと。マイクロソフトの交換プログラムページはこちら