iOS版『LINE』がiPadに正式対応。音声通話やアカウントの新規作成などが可能に

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2016年01月28日, 午後 01:50 in LINE
0シェア
FacebookTwitter


LINEは、iPadに対応したiOS版『LINE』アプリの提供を開始しました。アカウントの作成に加えて、音声通話やタイムラインが利用できるなど、従来の『LINE for iPad』に比べて機能が向上しています。

これは従来iPhone向けに提供されていたLINEアプリがiPadに正式対応したもの。変更点としてはUIがiPadの大画面に最適化されたほか、音声通話やビデオ通話、タイムラインの閲覧にも対応しました。

さらに、iPadからのアカウントの新規登録にも対応。これにより、iPadをメインデバイスとしてLINEのフルの機能を利用できます。

なお、LINEをiPadでiPhoneなどのメインデバイスのサブとして使用する場合には、スタンプや着せ替えショップ、LINE PayやLINE Out、詳細なアカウント設定設定、電話番号での友だち検索、公式アカウントリストといった機能は利用できません。

これまでiPad向けには『LINE for iPad』というiPhone向けとは別のアプリが提供されていました。しかし、LINE for iPadはサブデバイスでの利用を前提としており、単独でのアカウント作成には非対応で、スタンプが購入できないなど機能が大きく制限されていました。今回は『iPhone版のLINEアプリが新たにiPadにも対応』したという位置づけ。フルのLINEが使えるので機能が大きく向上しています。LINE for iPadを使っているユーザーもぜひ導入してみてはいかがでしょうか。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: LINE
0シェア
FacebookTwitter