闘会議2016で『Ingress』実況、Niantic創業者ジョン・ハンケ氏とドワンゴ川上量生氏の対談が実現!

Kenichiro Akazawa
Kenichiro Akazawa
2016年02月2日, 午後 05:30 in dwango
0シェア
FacebookTwitter


世界中で盛り上がっているIngressが、1月30~31日に幕張メッセで開催された、ゲーム実況とゲーム大会の祭典『闘会議2016』にブースを出すと聞いて行ってきました。
↑ホール4-28にIngressブースを発見!

ブースのど真ん中には、Ingressの世界から抜け出したかのような"啓示の夜のパワーキューブ"が。

1年以上プレイしているようなヘビープレイヤーには、各種イベントでお馴染みのこのリアルパワーキューブ。ゲームとリンクして、ポータルの状況に応じてライテングなどの演出が変化。ゲーム内で実際にハックなどが可能なのです。


↑状況に応じてライティングなどが変化。これらの演出はメディアアーティストの真鍋大度氏率いるライゾマティクスが担当。


今回は闘会議ということで、会場周辺にある18個のポータルを、エンライテンド(緑)とレジスタンス(青)の2つの陣営で奪い合い、 その結果でライティングなどの演出が変化するという、インタラクティブイベント『Ingress 闘会議 Special』を開催。

このイベントは2日間の闘会議期間中に設けられた8回の計測時間に、他の陣営よりも多くのポータルを占拠した陣営が勝ちというゲーム。


↑ゲームの対象となるポータルの占拠状況は、壁面にリアルタイムでプロジェクションされる仕組み。

ゲームの開始時間に併せて、ニコニコ生放送で実況開始。ゲストにはNianticの川島優志氏が登場し、ニコニコ動画のコメントに答えながらドワンゴの方々とゲーム実況をしていました。






そうこうしているうちに、第1メジャーメント(計測時間)が! 計測時間中にはこんな演出が!


そして、第1メジャーメント結果は......レジスタンス(青)が勝利!


第1メジャーメントを終えて、ふとブースの横に目をやると......この後ろ姿は!? Ingressイベントで良くお見かけする伝説のあの人物では!!

Niatic創業者のジョン・ハンケ氏!キター!!ということでリアルキャプチャに成功ですヨ! テンションあがり過ぎてピンぼけ気味に(笑)。


実は、31日の15:10より開催された「Ingressと拡張現実の未来」トークショーにご出演の為に会場入りしていたのでした。

トークショーではドワンゴの会長であり、Ingressのヘビープレイヤーでもある川上量生氏との対談が実現。


川上氏には仕事中にIngressをプレイしてしまい仕事に支障をきたすので4回アンインストールした過去が! しかし結局、現在もプレイ中とのことで、レベル10のエンライテンドのガチエージェントとのこと。


川上氏の「Nianticの皆さんも仕事中にプレイされたりするのですか?」との質問に対し、ハンケ氏は「もちろん!仕事に煮詰まった時などには、サンフランシスコにあるオフィス近くのベイブリッジなどを、散歩がてらハックしています」とのこと。


また、闘会議についてハンケ氏は「このイベントはクレイジーです!ともすればひとりでプレイしがちなゲームを通じて、これだけ多くの人が集まり、フェイス・トゥ・フェイスで触れ合っている!本当に素晴らしい!」とコメント。


川上氏の「今後、Ingresでやってみたいことは何ですか?」との問いかけに対し、ハンケ氏は「スマートフォンから顔をあげて、もっと周りの風景を楽しみながらIngressがプレイできるような、小型の入力デバイスをつくりたいですねと」と返答。

ニコ生の最後には、お互いにボードゲーム好きということもわかり、「いつかプレイしましょう!」と、意気投合していました。


31日には、Nianticの製品本部長である河合敬一氏が、プレイヤーから寄せられた"Ingress都市伝説の真偽"についてサンフランシスコのオフィスより実況。

河合氏は「離れて撃ったL8XMPバースターよりも、直上で撃つL1ウルトラストライクの方がシールドの破壊確率が高いです」といった衝撃のコメントを披露していました。

これらの模様はニコ生 プレミアム会員ならコチラからタイムシフト視聴が可能ですので、見逃したエージェント諸兄は是非チェックを! 知らなかったコトがけっこうありますヨ!


そして、闘会議の2日間に渡って、ニコ生放送の実況付きで開催されたインタラクティブイベント『Ingress 闘会議 Special』は、7:1でエンライテンド(緑)の勝利で閉幕。


参加された皆様お疲れ様でした!

次回は2月27日に浜松で開催予定の『XM Anomaly Obsidian Hamamatsu』ですヨ!鰻や餃子でXMをチャージしながら盛り上がりましょう!

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: dwango, ingress, NianticLabs, tokaigi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents