『ゼロクリック詐欺』が出現。クリックせずにアダルト動画サービスに"登録完了"→高額請求

TOKORO KEI
TOKORO KEI
2016年02月3日, 午後 02:00 in Norton
0シェア
FacebookTwitter

セキュリティソフト大手のシマンテックは、ワンクリック詐欺ならぬ『ゼロクリック詐欺』という新しい手口の日本語Webサイトが登場したことを発見し、同社公式ブログで注意を呼びかけています。

10年以上前から存在し、息の長いオンライン詐欺のひとつになっているワンクリック詐欺。その典型的な手口は、アダルト動画サイトで「再生」ボタンをクリックしたり、18歳以上であることを確認する「OK」ボタンをクリックするなど、ユーザーが1回クリックするだけで、偽のアダルト動画サービスに"登録"されてしまうというものです。実際にはサービスへの登録などは行われてはいませんが、"登録完了ページ"が表示されて、料金の支払いを要求されます。

このように、従来からのワンクリック詐欺は、1回ないし複数回のクリックを要求するものでしたが、今回、出現が確認された『ゼロクリック詐欺』は、ユーザーがクリックすることなく、詐欺に巻き込まれてしまいます。

具体的には、アダルト動画を集めたと称するWebサイトを閲覧していると、クリックしていないのに、自動的に"登録完了ページ"に移動。サービスに登録してしまったと思い込まされ、料金の支払いを要求されます。シマンテックによれば、要求される金額は約24万円(2000ドル)に上る場合もあるとのこと。また、「誤って登録した場合には、24時間以内にサポートセンターに電話すれば解約できる」として番号を表示し、電話をかけるようしつこく誘うケースもあるとしています。

ただし、『ゼロクリック詐欺』で表示される"登録が完了した"という旨は、もちろんまったくのデタラメ。要求された料金を支払うのはもちろん、表示される番号に電話をかけるのも厳禁です。電話をかけると、料金の支払いを説得されたり、発信した電話番号が別の詐欺に悪用される可能性もあります。対処法は、ワンクリック詐欺と同様に「無視すること」です。

シマンテックでは、同社のモバイル向けセキュリティアプリをインストールすれば、このような詐欺サイトを遮断できるとしています。被害に遭わないためには、怪しいWebサイトにアクセスしないことはもちろん、セキュリティアプリの活用も心がけたいところです。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Norton, phishing, security, symantec
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents