「傷だらけiPhone 5s」はどれだけ高く売れるのか、編集部の女の子がチャレンジしてみた

Reina Tashiro
Reina Tashiro
2016年02月5日, 午前 06:00 in Engadget
0シェア
FacebookTwitter



こんにちは。4月からEngadget編集部でお仕事しているセクレタリーの田代です。未だにガジェット初心者ですが、ようやく「ドローンが空を飛ぶもの」とか「Apple Watchは高いだけの時計じゃなさそう」という領域からは徐々に脱出しています。

そんな私の上司(編集長)が、iPhone 5sを売却したいとのこと。なんでも新しいiPhone5seが発表される前に売ってしまいたいらしく、「俺のiPhone 5sを"なる早&なる高"で売ってこい!」と偉そうに言ってきました。なる高とは"なるべく高く"だそうです。

偉そうな物言いにカチンときましたが、私は「編集長をギャフンと言わせるほど高く売ってやろう」と熱い熱い決意を胸に、ガジェットの聖地 秋葉原の街に繰り出しました。
(※諸般の事情により記事内の査定内容は2015年11月時点のものです)


査定に出したiPhoneはコレ。iPhone 5s 64GB(スペースグレイ)、キャリアはドコモです。


購入時の付属品(イヤホン、USBライトニングケーブル、イヤホン、AC充電用アダプタ、化粧箱など)はすべて完備されています。「付属品があると高く売れるとどっかで聞いたな!これで高く売れる...!」と意気込む田代。

次は肝心の本体を見てみましょう。


角という角が傷だらけ......。ジョブズさんが泣いてます!(たぶん)


端子まわりも傷だらけ......。イヤホンとかLightningはかろうじて無事のもよう

裏にも結構な傷。シュッって感じの傷、どうやってつけたのでしょうか...。

真横から見ると......

あれ? なにかおかしいような。


厚み10%増量中的な感じで、画面の上の方が浮いてました。ギューッと抑えると、短時間だけ元に戻る構造。詳しい方にきいたところ、バッテリーが膨張したとか。編集長ともなるとそんなこともできるんですね。

「傷だらけだし雑に使ってたな編集長... これちゃんと高く売れるのかな...」と弱気な言葉が脳裏に浮かんだのですが、諦めるのはまだ早い。

実は同じ職場の方がiPhone5s(32GB)を9月に売ったときは3万3340円(!!)の買取価格がついたという情報を知ったのです。


編集長は「買取金額が3万円超えたら、その分をあげるよ」と宣言。
"むしろ超えなければ、お駄賃ゼロなんだ..."とか思いつつ、3万円越えを目指すことに。もう頑張るしかない。


そんなこんなで、まずは、秋葉原の有名店「ソフマップ」へ。

親切な店員さん「フレームの傷や画面の浮きがひどいですね。これだと買い取りはゼロですね。」
私「え?ゼ?......あの?ゼロって単位は円ですか?」
親切な店員さん「はい、ゼロ円です。ドコモさんの10000円均一買取か、他店を当たった方がいいかと思います。」
私「......ゼロ円、ですかぁ(お駄賃どころじゃない)」

フレームの傷と画面の浮きにより、ソフマップでは査定に出してもゼロ円になるとか。ちなみに同店の当時の最高買取価格は3万1000円でした。親切な店員さんは、秋葉原の他の買取店を色々教えてくれました。


次に向かったのが「TOP1モバイル」

店員さん「スペースグレイモデルですが、傷が多いので3000円引きして......買い取りは9000円ですね。白だともっと高く売れます」
編集長、スペースグレイは安いみたいですよ。ちなみに色で価格が変わるのはこのお店だけでしたが。

さて、ゼロ円査定直後だけに9000円は嬉しい気もしますが、こんなので喜んではいられません。
むしろゼロが9000になったということは、今後は無限大の可能性があると言ってもいいでしょう。


続いてのお店は「じゃんぱら」へ。

店員さんが、画面をウェットティッシュらしきもので綺麗にしてから、ライトを当てて査定してくれました。今まででいちばん丁寧な対応で、期待も高まります。しかし......

丁寧な店員さん「フレームの傷と画面の浮きがあるので、最高買取価格の32000円の85%オフです。買い取りは6500円ですね」

85%オフって!!
むしろゼロ円とか買い取り不可じゃないのがすごい!
アキバ商人の心意気が伝わってくる結果でした。


雑居ビルの一室、ちょっと怪しい扉を押して「トゥインクルモバイル」

サバサバした店員さん「背面の(シュッとした)傷があるから......買い取りは3000円にしかならないですね。仮に傷がなくても、1万円程度でしょう​」とバッサリ。
むしろ画面の浮きについて触れなかったがちょっと気になりました。


続いて派手な看板の「大黒屋」に向かいます。

店員さん「傷が目立つので、店頭販売しても売れませんね。買い取りは9000円くらいでしょうか。」
店頭販売以外のルートがあるんですね。大黒屋のiPhone 5s最高買取価格は19000円と低めですが、全然及ばず。


最後の望みを持って「イオシス」へ......。

最後の望みを託された店員さん「これでは当店のiPhone 5s最低買取価格の2万円に届かないですね、せいぜい1万円での買い取りでしょう」

やはり、画面の浮きやフレームの傷が影響し、頑張ってもこの値段にしかならないそうです。ちなみにここのiPhone5sの最高買取価格は3万2000円と秋葉原ではかなりの好条件で、実際の査定金額も看板どおり「けっこう高い。」結果。

そんなわけで、一日アキバを駆け回った結果をまとめてみました。

最高買取価格 査定結果
ソフマップ 3万1000円 ゼロ円
トップワンモバイル 1万2000円 9000円
じゃんぱら 3万2000円 6500円
トゥインクルモバイル 1万円 3000円
大黒屋 1万9000円 9000円
イオシス 3万2000円 1万円
                           2015年11月時点のもの

状態がひどすぎて参考になりづらいのが心苦しいですが、これでカンベンしてください!
そして編集長! これで3万円は無謀すぎます! お駄賃ください!

(※諸般の事情により記事内の査定内容は2015年11月時点のものです)

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Engadget, iphone, Iphone5s
0シェア
FacebookTwitter