分解行為がDNAに刻み込まれている修理屋さん iFixit が、iPhone SE の分解レポートを公開しました。みんなが気になる iPhone SE の中身は、ディスプレイサイズと外装はほぼ iPhone 5s そのままながら iPhone 6s と同じパーツを巧みに組み込んでいるようです。iPhone SE を分解する iFixit の感想は「見慣れた iPhone 5s のケースに、より新しい iPhone のパーツが完全に収納されている。まるでタコ・ベルの新メニューを見ているみたいに興奮するよ!」でした。

実際に写真で見た限りでも、iPhone SEの中身は仕様に沿って iPhone 5s のパーツと iPhone 6s のパーツをブレンドし、その小さなボディの中に収めたというのがわかりやすい表現かもしれません。

隠れた特徴とも呼べそうな改良点は、バッテリー容量の増加。iPhone 5s では、バッテリーが異常発熱してあっというまに放電してしまう不具合も一時期あったりしましたが、SEでは容量自体も 5s の1560mAh から 1624mAh へと増加したのが確認できます。


また iFixit は、iPhone 5 /5s /SE を並べた X 線透視画像(タイトル写真)も掲載しています。これを見ると、細かなパーツはiPhone 5 から形状も配置も変わっていない一方、右側にある基板上の主要部品は世代によって細かい配置が変わっているのがよくわかります。

その他の細かいところは下に分解レポートそのものを掲載しています(全画面表示可能)。アップルがどのように新旧パーツを組み合わせているのか、ぜひその目でお確かめください。

一方、技術解析サービスの chipworks も iPhone SE の分解レポートを公開しました。こちらは iFixit が分解のプロセスにも重きをおいているのに対し、ロジックボードに乗っている各チップの拡大写真、それらの詳細な情報などが見どころ。どちらかと言えば電子回路設計をしているエンジニアにとって参考になりそうな内容となっています。

[Images : iFixit]