レノボ、横幅がiPhone SEの長辺より狭い省スペースデスクトップPCを4月8日発売。「ideacentre 300s」

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2016年04月6日, 午後 01:00 in lenovo
0シェア
FacebookTwitter


レノボ・ジャパンは4月8日より、コストパフォーマンスに優れた省スペースデスクトップPC『Lenovo ideacentre 300s』を発売します。CPUやRAMなどの異なるモデルを用意しており、最安モデルは実売9万500円(税込)前後の見込み。

『Lenovo ideacentre 300s』は、筐体の幅が約105mmとiPhone SEの長辺よりも狭く、省スペースであることを売りとしたWindows 10 Home(64bit)搭載のデスクトップPC。CPUやRAMなどが異なる7モデルを展開し、Office Home & Business Premium プラスOffice 365サービスや1TBのHDD、光学ホイールマウスやキーボードを備えている点は共通しています。

CPUはインテルのCore i7-6700/i5-6400/i3-6100、Pentium G4400を選べ、RAMは標準搭載4GB(最大16GB)。

インターフェースは、DVDスーパーマルチドライブ、USB 3.0×4、USB 2.0×2, HDMI×1、VGAポート×1、メディアカードリーダー(SD/SDHC/SDXC、MMC、MS、MS-Pro)。また、21.5型(1920×1080ドット)の液晶ディスプレイが付属するモデルも用意しています。

本体サイズは約105×399×308mm、質量は約 5.9kgです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: lenovo, Lenovo ideacentre 300s
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents