メッセージングアプリ大手のLINEが提供するプリペイドカード「LINE Payカード」の発行枚数が、申し込み開始から約10日間で20万枚を突破したことが明らかになりました。LINE側は「非常に好調な滑り出し」と胸を張ります。
LINE Payカードは、国内約960万店、海外約2000万のJCB加盟店で利用できる、入会金・年会費不要のプリペイドカードです。2014年12月に開始した決済サービス「LINE Pay」の物理カード版で、幅広い実店舗で使用可能にしたほか、2%という高いポイント還元率を売りにしています

LINE Payカードの詳細については、下記リンクから飛べるLINE Payカードのレビュー記事にてまとめているので、併せてご覧ください。

ポイント還元率2%、LINE Payカードを使ってみたら便利でお得だった。JCB加盟約3000万店で利用可



なお申込枚数が20万枚を突破したことを記念して、LINEクリエイターズマーケットで人気の「愛しすぎて大好きすぎる。」の作者igarashi yuriとLINE Pay カードがコラボレーションしたスタンプ「お得すぎて嬉しすぎるぺい」の配信を開始。4月5日〜5月5日の1か月間、新規でLINE Payカードを申し込むと無料でダウンロードできます。

また4月4日以前に申し込んだユーザーには、4月下旬からLINE Pay公式アカウントで配布の案内を行うとしています。