割れたスマホに貼る「スマホの絆創膏」が980円で発売。iPhone 6sやSE、Androidにも対応

hagimi hagiwara
hagimi hagiwara
2016年04月11日, 午後 07:00 in android
0シェア
FacebookTwitter


スマホの画面が割れても、次の機種が発売されるまで使い続けることがありますよね。ガラスの破片が落ちたり指や顔を傷けないようにする透明フィルムが登場。自分で切る汎用サイズで5.7インチまで対応し、iPhone SEや6、6 Plusでも使えます。4月21日発売予定で980円。iPhoneに貼り付けるだけで水没故障を防ぐ透明シールを開発したスマホバンク株式会社が、今度はスマホ画面が割れたまま使う人向けの透明フィルムを発売しました。


スマホの画面が割れても新機種の発売や2年契約の満了を待つ人は多いと思いますが、ヒビ割れた画面をタッチ操作していると指が切れてしまう場合があります。『スマホの絆創膏』は液晶保護フィルムのような透明シート。画面の割れたスマホに貼れば、ケガを防いで最後まで安全に使えるとうたっています。汎用サイズなのでスマホを乗せて型取りし、自分で切って使います。柔軟性のある特殊フィルムがなじんで凹凸やヒビをカバーしてくれます。



フィルムは3層構造で、まず剥離紙に鉛筆でスマホの形を写します。剥離紙をはがしてフィルムを貼り、カーブした部分などをしっかり押しつけたら、アプリケーションフィルムをはがします。



価格は980円(税別)、2枚入りは1780円(税別)と格安。スマホで型取りをして貼り付けるまでの方法やスピーカー部のくりぬき方などを詳細に解説した公式動画があるので、現在画面の割れたスマホを使っている人はぜひチェックしてみてください。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, film, iphone
0シェア
FacebookTwitter