サンスターは、歯ブラシにアタッチメントとして装着することで、スマートフォンとの連動を可能にするデジタルデバイス『G・U・M PLAY』を4月18日に発売します。価格は5000円(税別・以下同じ)。同製品の公式サイトにて、先行予約が開始されています。

『G・U・M PLAY』は、対応する歯ブラシのハンドル部に装着して使用できるアタッチメントです。加速度センサーとBluetoothを搭載しており、歯ブラシの動きを認識して、スマートフォンへ伝送することが可能。歯みがきをしながら、連携するゲームやアプリを楽しめるデバイスとなっています。

正しい歯のみがき方を身につけるための基本機能として、「MOUTH CHECK」「MOUTH LOG」を用意。口内の位置を16分割して認識し、独自のアルゴリズムによって歯みがきを数値化するもので、「MOUTH CHECK」では、歯みがきを100点満点で採点でき、「MOUTH LOG」では、日々の歯みがきの動作や時間を記録することが可能です。この2つの基本機能を搭載したアプリとして、「MOUTH MONSTER」「MOUTH BAND」「MOUTH NEWS」の3種類が提供されます。



「MOUTH MONSTER」は、歯みがきをすることでモンスターと戦えるゲーム。ボスを図鑑にコレクションできる機能などを搭載し、子供のやる気を引き出しながら歯みがきを習慣づけることが可能です。みがき過ぎ防止のためのアラート機能も備えています。

また「MOUTH BAND」は、モードと楽器を選んで歯みがきで演奏ができる音楽アプリ。「MOUTH NEWS」は、歯みがき中の3分間にニュースを読み上げてくれるニュースアプリとなっています。各アプリの対応端末は、OSにiOS 8.0以降またはAndroid 4.4以降を搭載し、Bluetooth 4.0以降に対応した機種となっています。

『G・U・M PLAY』には、アタッチメント本体に大人用または子供用の歯ブラシ1本が付属し、価格はいずれも5000円。また、全5色の専用カラーキャップ(500円)も販売されます。なお、歯ブラシは「ガム・デンタルブラシ」シリーズの適合する商品を利用可能です。

発売日は4月18日。サンスターオンラインショップのほか、二子玉川の蔦屋家電などで販売が行われる予定です。