NTTドコモは、2年縛り終了後に解約金のあり・なしを選べる2つのコース「フリーコース」と「ずっとドコモ割コース」を6月1日に新設します。基本料金はいずれも2700円。また、2年縛りのある「ずっとドコモ割コース」では、2年契約を更新するごとにdポイント3000円分をプレゼントします。

2年縛りの自動更新に関しては、無料解約できる期間が2年間しかなく、契約が自動更新されるのは問題だとして、総務省が携帯キャリアに対し是正を要求していました。NTTドコモが今回発表した新プランはそのような懸念に対応したもの。最初の2年契約が満了した際に、解約金のあり・なしに応じた2プランを選べるようになりました。

最初の2年縛り後に「2コース」が選択可能に

①「フリーコース」は、基本料金が2年縛りプランと同じ月2700円ながら、解約金の発生しないプランです。月々サポートも適用されます。一方で4年以上の長期契約者を優遇する「ずっとドコモ割」の適用を対象外とすることで、ずっとドコモ割コースとの差別化を図っています。

②「ずっとドコモ割コース」は、いわゆる2年縛りコースです。2か月間の解約月以外で解約すると解約金が発生します。基本料金は解約金不要のフリーコースと同じ月2700円です。では違いは何かというと、長期契約者を優遇する「ずっとドコモ割」の適用対象である点、2年縛りを継続するごとにdポイント3000円分をプレゼントする「更新ありがとうポイント」の適用対象である点です。

この2つのコースは6月1日より提供を開始します。申し込めるのは2016年4月以降に解約月を迎えるユーザーです。その場合、無料の解約月が2か月間(4月・5月)にあたるため、2016年6月から契約を更新する際に「フリーコース」か「ずっとドコモ割」のどちらかを選べるというわけです。

なお、申し込みをしない場合は、②のずっとドコモ割コースが自動的に適用されるとのこと。なお更新月を迎えるユーザーにはSMSの通知などで周知を徹底するとしています。



ずっとドコモ割を拡充

また、ドコモの利用年数に応じてパケットパックの料金を割引く「ずっとドコモ割」も拡充します。従来は最大割引額が2000円だったシェアパック10〜30について、最大割引額を2500円/月に増額します。また、従来割引開始が10年以上からになっていたデータMパック・データLパックについても、契約から4年以上で割引となるよう適用範囲を拡大します。





2年縛りをめぐっては、ソフトバンクやauも解約金不要の新プランを6月1日に開始します。しかし両社のプランは2年縛りプランに比べて月額料金が月300円高く、2年縛りで解約金を払った場合に比べても割高になってしまうケースが殆どでした。

しかしドコモの場合、解約金不要の「フリープラン」を契約しても、長期割引の適用が外れるのみで、契約期間の短いユーザーは特に割高になりません。一方で2年縛りの「ずっとドコモ割プラン」では、2年縛りを継続するたびにdポイント3000円分がプレゼントされます。dポイントはマクドナルドをはじめ、使用できる店舗が拡大し、使い勝手が良くなっています。ドコモは2年縛りのないプランを割高にするのではなく、2年縛りのあるプランを割安にすることで、2年縛りによる付加価値を訴求した格好で、他社に比べると良心的な取り組みと言えそうです。

(更新中)