シャープのロボット電話『RoBoHoN』、19万8000円で 5月26日に発売決定

ハード松村(Atsushi Matsumura)
ハード松村(Atsushi Matsumura)
2016年04月14日, 午前 11:20 in kokoro
0シェア
FacebookTwitter


シャープのロボット電話『RoBoHoN』の価格や発売日、そのほかのサービスが発表されました。本体価格は税別19万8000円、 5月26日に発売されます。

4月14日午後1時から、『ロボホン』公式サイトなどで予約がはじまります。
2種類のキャリングケース(2800円、9800円)や卓上ホルダー(2600円)も発売の予定。


RoBoHoN(ロボホン)は、シャープとロボットクリエイター高橋智隆さんが共同で開発した、二足歩行が可能なLTE対応ロボット電話。

ロボホンと対話して電話やメール、カメラなどを利用できるのが特徴で、ユーザーとのコミュニケーションなどによって学習・成長する楽しみもあります。 
内蔵の小型プロジェクターを使って、動画や画像、地図などを投影も可能。新しいアプリをインストールすることで、新機能や新サービスの追加にも対応しています。



ロボホンの利用には、月額980円の"ココロプラン"への加入が必須となり、Wi-Fiやモバイル回線を通じて対話やカメラなどのすべての機能が使えるようになります。

そのほか必要に応じてモバイル通信料金(データSIM 月額650円~、音声SIM 月額1350円~)や、修理料金を割り引く保守パック(月額990円~)などが準備されています。SIMはユーザーが用意したSIMカードでも使えますが、一部のSIMには非対応とのこと。



 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: kokoro, robohon, robot, sharp
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents