NTTドコモは、光ブロードバンドサービス「ドコモ光」のオプションサービスとして、固定電話サービス「ドコモ光電話」、テレビ視聴サービス「ドコモ光テレビオプション」を4月20日より提供開始します。NTT東日本・西日本のフレッツ光で提供されている「ひかり電話」「フレッツ・テレビ」と同等のサービスとなり、これらのオプションサービスを含めて「ドコモ光」に1本化することが可能になります。「ドコモ光」は、NTT東西の光回線を利用してドコモが提供する"光コラボレーションモデル"のブロードバンドサービス。ドコモの携帯電話を利用しているユーザーであれば、いわゆる"セット割"により、割安な料金で利用できるのが特徴です。また、フレッツ光のユーザーの場合、"転用"という手続きで、工事不要で「ドコモ光」へ乗り換えることが可能です。

しかし、これまで「ドコモ光」では、フレッツ光の固定電話サービス「ひかり電話」、テレビ視聴サービス「フレッツ・テレビ」に相当するオプションサービスがなかったため、これらのサービスを利用しているユーザーが「ドコモ光」に転用した場合、「ひかり電話」と「フレッツ・テレビ」は別途、NTT東西と契約する必要がありました。今回、「ドコモ光電話」と「ドコモ光テレビオプション」がドコモから提供されることで、契約先をドコモに1本化することが可能になります。



「ドコモ光電話」は、「ドコモ光」を利用して通話できる固定電話サービスで、加入電話と同様の「03」などから始まる電話番号を使うことができます。料金プランは、シンプルな「ドコモ光電話」プランが月額500円(税抜、以下同)で、480円分の無料通話に加え、転送電話や発信者番号表示など6つの付加サービスを利用できる「ドコモ光電話バリュー」が月額1500円。

通話料は、固定電話・「ひかり電話」宛が8円/3分。ドコモの携帯電話宛が16円/1分、au・ソフトバンクの携帯電話宛が17.5円/1分などとなっています。



「ドコモ光テレビオプション」は、「ドコモ光」を利用したテレビ視聴サービスで、新たにアンテナを設置することなく、地上デジタル放送と一部のBSデジタル放送を視聴することが可能です。月額料金は660円。また、ドコモでは全国のドコモショップで「スカパー!」の取り扱いを開始し、これに別途契約することで、「ドコモ光」を通じて「スカパー!」を視聴することができます。

なお、NTT東西の「ひかり電話」「フレッツ・テレビ」を利用しているユーザーが、「ドコモ光電話」「ドコモ光テレビオプション」に加入する場合、電話番号や機器を変えることなく、工事不要で乗り換えることが可能です。ただし、すでに「ドコモ光」に転用していて、現在「ひかり電話」「フレッツ・テレビ」を利用しているというケースでも、自動的に「ドコモ光電話」「ドコモ光テレビオプション」へ移行するわけではなく、申し込みが必要となっています。