VAIO S11のLTE/3Gバンドが8、11にも追加対応。公開中のファームウェアのアップデートで

いーじま (Norihisa Iijima)
いーじま (Norihisa Iijima), @WipeOut2008
2016年04月15日, 午前 09:00 in band
0シェア
FacebookTwitter


昨年12月に発売された『VAIO S11』の対応バンドが広がります。すでに公開されているファームウェアのバージョンアップにより、バンド8と11が追加され、ソフトバンクとauでの利用が広がります。
これまでVAIO S11で利用可能かなバンドは、LTEが、バンド1、3、19、21。3Gがバンド1、19となっていました。これが、現在公開されているファームウェアアップデート『VJS111*「Wireless WAN ファームウェア Ver.1.0.6 (Windows 10/Windows 7用)」アップデートプログラム』を実行することで、LTE/3Gともにバンド8、11が追加対応します。



VAIOはS11発売と同時にドコモから回線を借りるMVNOとしてVAIO SIMを販売していますが、それに最適化したかたちでバンドが対応していました。今回のバージョンアップによって、ソフトバンクのプラチナバンドである900MHz帯のバンド8、とauとソフトバンクで利用している1.5GHz帯のバンド11に対応。auは対応バンドが少ないものの、ドコモ以外のSIMを挿しても快適に利用できるようになりそうです。



VAIO S11の内蔵アンテナは、電波感度を高めるために工夫されており、テザリングして利用するより快適なはず。5月31日までにVAIO S11を購入した人は、1万円のキャッシュバックキャンペーンを行なっているので、この機会に購入するのはいかが?
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: band, docomo, kddi au, Sim, softbank, VAIO, VAIO S11, VaioS11
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents