ゲーミングマウスが付属するIntel B150採用Micro-ATXマザーボード『B150M GAMING PRO』発売

Yuki Yamashita
Yuki Yamashita
2016年04月18日, 午前 10:00 in B150M GAMING PRO
0シェア
FacebookTwitter

ゲーミングPCからマザーボードやグラボといった自作パーツまでを展開するMSIから、Intel B510チップセットを採用したMicro-ATXマザーボード『B150M GAMING PRO』が発売されました。実売価格は1万2830円前後。本機はインテルの第6世代CPU(Skylake)など、LGA1151のCPUに対応したエントリーモデルです。MSI独自の機能となるDDR4 Boostに対応しており、メモリー用の回路を分離させることで安定したゲームプレイが楽しめるというものです。


本製品の最大の特徴と言えるのが、ゲーミングマウス『MSI DS B1 GAMING』が付属する点です。解像度は最大1600dpiと、エントリーモデル並みのスペックですが2.4グラムの分銅8個で重さが調整できるのが強み。細かいウェイトバランスが変更できるので、プレイスタイルに合わせて使うことができるのは嬉しいですね。また、複数のアクションを1クリックで実行できるマクロ機能が備わっています。

主なスペックは、メモリースロットDDR4×2(最大32GB)、PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 3.0 x1×2、Turbo M.2×1、SATA3×6、USB3.1 ×6(うち2ポートはピンヘッダ出力)、USB2.0×4、HDMI、DVI-D、Dsub15ピンを搭載。控えめなスペックにすることで低価格化を果たしているようなので、サブマシン用にも使えそうです。

なるべく価格を抑えてゲーミングPCを自作しようと考えている人にはいいタイミングかも知れません。マウスも同梱になるので別途購入する必要もないので、初めて自作PCに挑戦しようという人にもベストな選択肢と言えるのではないでしょうか。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: B150M GAMING PRO, GamingMouse, micro-atx, motherboard, msi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents