JAL、MSの3Dホログラフィック眼鏡「HoloLens」をパイロット訓練に活用。コンセプトツールを開発

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2016年04月18日, 午前 11:30 in HoloLens
0シェア
FacebookTwitter


JALは、マイクロソフトの3Dホログラフィック・コンピューター「HoloLens」を使い、ボーイング737-800型機の運航乗務員訓練などに活用できるツールをのコンセプトを開発しました。現時点ではコンセプト段階ですが、将来的な実用化を目指すということです。

HoloLensは、半透過型のMixed Realityゴーグルです。HoloLensを通じて、現実空間に重ねて3Dホログラムを表示できる点が特徴です。OSにWindows 10を搭載し、単体でコンピューターとして機能するため、携帯電話やパソコンなどの外部機器と接続する必要がなく、ワイヤレスで使えるのも特徴です。
JALが開発したのは「HoloLens」を活用した次の2つのコンセプトツールです

ボーイング737-800型機 運航乗務員訓練生用 トレーニングツール

HoloLensを使い、リアルなコックピット空間をいつでもどこでも体感できるツールです。運航乗務員訓練生の副操縦士昇格訓練における補助的なトレーニングツールとして活用できます。



現在のコックピット訓連においては、主に計器・スイッチを模した写真パネルに向かって操作をイメージして学習しています。HoloLensを使えば、目の前にある現実空間に3Dホログラムとして浮かび上がる精細なコックピット内の計器・スイッチ類の操作を「HoloLens」上の映像・音声ガイダンスに従って、自らの身体を使ってシミュレートすることが可能です。

ボーイング787型用エンジン 整備士訓練用ツール

HoloLensで現実空間にエンジンの3Dホログラフィックを表示できるツールです。エンジンそのものの構造や部品名称・システム構造などがリアルに体験できます。



現在の訓練では、航空機が運行していないスケジュールを活用するなど、訓練時間が限られています。HoloLensの導入で、飛行機を解体しないと見ることが出来ないエンジンの構造などの教育がいつでも実施可能になり、さらに質の高い技能習得が期待できるとしています。


▲マイクロソフトのHoloLens

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: HoloLens, jal, microsoft
0シェア
FacebookTwitter