キヤノンのフラッグシップ一眼レフ『EOS-1D X MarkII』が4月28日に発売決定!

Yuki Yamashita
Yuki Yamashita
2016年04月19日, 午後 01:30 in canon
0シェア

キヤノンが今年2月2日に発表した、デジタル一眼レフカメラ『EOS-1D X MarkII』の発売日が4月28日に決定しました。現在量販店などで予約を受け付けており、予想実売価格は73万2240円前後(ボディーのみ)。

本機はプロフェッショナル向けのハイエンドモデルで、AF/AE追従時で秒間14コマの高速連写を実現したのが特徴と言えます。撮像素子はフルサイズ、有効画素数は2020万画素です。前モデル『EOS-1D X』が2012年に発売されてから実に4年ぶりとなる後継モデルというわけで、前モデルユーザーやカメラファンは心待ちにしていたのではないでしょうか。詳細については「キヤノン、EOS初の4K60p動画記録対応一眼レフ EOS-1D X Mark II発表。16コマ/秒の高速連写も可能なフラッグシップ」の記事を御覧ください。

そのほか、本機に対応する下記アクセサリーも同日発売となります。

・ワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E8B
・バッテリーパックLP-E19
・バッテリーチャージャーLC-E19
・ACアダプターAC-E19
・DCカプラーDR-E19
・フォーカシングスクリーンEc-C6


価格的には、個人の趣味用としては購入しづらいかもしれませんが、「絶対に捉えたい瞬間」を見逃さないまさにプロ仕様の一台です。発売日には店頭のデモ機でいいので少しだけでも触ってみたくなりますね!

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: canon, eos, FullSize
0シェア