アップル、Windows版QuickTimeの終了を認める。AdobeはProRes代替コーデックにCineFormなどを推奨

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年04月19日, 午後 02:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter
アップルが、QuickTime for Windows のサポート終了を正式に認めたと、米Wall Street Journal が報じました。セキュリティソフトメーカーのトレンドマイクロは先週、QuickTime for Windows のゼロデイ攻撃の危険を含む脆弱性について警告し「すでにサポートしていないとみられる」としてこのアプリの即刻削除を推奨していました。アップルが最後に QuickTime for Windows のセキュリティパッチを公開したのは3か月前、1月のことですが、今回の警告に対しては反応を示しておらず、トレンドマイクロは「今すぐ QuickTime for Windows を削除するのが唯一の対策」だとしました。

トレンドマイクロによれば、Quicktime for Windows をインストールしたシステムは、悪意あるサイトを表示したとき、または何らかのマルウェアに感染したファイルを再生した時にバッファオーバーフローを引き起こし、遠隔操作が可能となります。さらにそれらの感染したシステムに情報収集プログラムを流し込まれ、実行される恐れもあるとのこと。

この事について米Wall Street Journal が問い合わせたところ、アップルは公式な発表こそしていないものの、もはや QuickTime for Windows のパッチをリリースする計画がなく、ウェブサイトにはアンインストール手順を掲載すると返答したとのこと。
 
 
QuickTime が提供する機能はすでに最近のウェブブラウザーが標準で備えており、スタンドアロンの動画プレイヤーも様々なものが用意されています。Windows ユーザーでまだ QuickTime をインストールしたままなら、不要な脆弱性を放置せず、すみやかにアンインストールされることをお勧めします。

ちなみに、Adobe はサポートブログにて「QuickTime Windows版のサポート終了について」と題したエントリーを公開し、同社製品において、アニメなど映像制作現場で広く利用されているアップルの ProRes コーデックへの対応で QuickTime fot Windows に依存していることを公表しました。また Avid の DNxHD /DNxHR 形式での書き出しもQuickTime に依存しているとのこと。現在 Adobe は依存を取り除く作業を進めているものの、対応時期は未定としており、代替用の中間コーデックとして VC-5 のベースとなった GoPro CineForm を推奨しています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, gear, quicktime, QuickTime for Windows, quicktimeforwindows, security, securitythreat
0シェア
FacebookTwitter