全国各地の最大震度をまとめた『最大震度マップ』が公開。ほとんどの都道府県が震度6以上を経験?

TOKORO KEI
TOKORO KEI
2016年04月20日, 午後 05:30 in earthquake
0シェア
FacebookTwitter


過去に日本で発生した地震の最大震度をまとめたという『最大震度マップ』が公開され、話題となっています。最大震度ごとに色分けされた地図を見ると、ほとんどの都道府県が震度6以上を経験していることがわかり、日本がいかに「地震列島」であるか実感できます。『最大震度マップ』を公開したのは、古地震(歴史地震)を可視化するために、個人が趣味で制作したというWebサイト「古地震.net」。サイトが開設されたのは、2012年11月です。

『最大震度マップ』では、全国を188に区分した地図上で、有史以来から現在までに、観測または推定された震度の最大値をマッピング。全国に震度計が配備される以前に起こり、震度の記録が残っていない地震については、文献の記述や住家全壊率などから震度が推定されています。

同サイトでは、地図を作成するにあたり参考にした文献一覧も公開。信頼の置ける文献を元に作成したとしながらも、地図自体に科学的意義がない可能性もあり、あくまで参考情報程度に見てほしいとしています。また、注意事項の冒頭には、「この地図の作者はただの素人で一般人です」との記載があります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: earthquake, maps
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents