検索したキーワードはどこにある? ページ内検索で該当箇所を的確に表示するワザ:iPhone Tips

Yuji Kotake
Yuji Kotake
2016年04月30日, 午前 11:00 in iphone
0シェア
FacebookTwitter


Safariを使ってウェブ検索をした際、アクセスしたサイトの情報が多すぎて、どこに該当するキーワードがあるのか、わからなかったことはないでしょうか。こうした状況で役立つのが、Safariのページ内検索機能です。そのページに限定して検索を行うことで、特定のキーワードを的確に洗い出すことができます。旅先で観光案内のページなどを閲覧していると、情報量が多く、なかなか求める情報にたどり着けないことがありますが、この機能を使えば、必要な情報に素早くアクセスできるでしょう。

検索ボックスにキーワードを入力して検索

ページ内検索を行う方法は2つあります。ひとつは検索ボックスにキーワードを入力し、予測される検索候補の最下部にある「このページ(●件一致)」をタップする方法です。「●」の部分にはページ内の該当する件数が記載されており、そのキーワードに関する情報がどれぐらいあるのかがわかります。


Safariで目的のページにアクセスし、上部の検索ボックスをタップします(写真=左)。続いて、任意のキーワードを入力。ここでは試しに「iPhone」と入力してみましょう。検索候補やブックマークと履歴などの下に「このページ」が表示されるのでここをタップします(写真=右)。

「このページ」をタップすると、入力したキーワードの該当部分が黄色で示されます。下部に現れた検索ボックスの左側にあるアイコンをタップすると、別の該当箇所に移動できます。この操作を行えば、特定のキーワードに関連する部分を素早く表示できます。


ページ内を検索すると、該当部分が黄色で示される(写真=左)。左下のアイコンをタップすると、他の該当箇所に移動できる。終了する場合は「完了」をタップ(写真=右)。

共有メニューからも検索可能

共有メニューから検索する方法もあります。目的のページを表示した状態で、共有アイコンをタップします。「お気に入りに追加」や「ブックマークを追加」などSafariの操作メニューが並ぶ列を左方向にスワイプすると、「ページを検索」というメニューがあるのでタップしましょう。すると、画面下から検索ボックスが現れます。ここにキーワードを入力すれば、表示しているページ内を検索できます。


任意のページを表示し、共有メニューをタップ(写真=左)。メニューが表示されたら、最下部の列を左にスワイプします(写真=右)。


「ページを検索」が表示されたらタップしましょう(写真=左)。検索ボックスとキーボードが表示されるので、キーワードを入力すると、ページ内を検索できます(写真=右)。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: iphone, safari, search, tips
0シェア
FacebookTwitter