約2万円のお手軽小型ロボット『べゼリー』をドスパラが販売開始。ドライバーとニッパーだけで製作可能

Yuki Yamashita
Yuki Yamashita
2016年05月9日, 午前 07:00 in bezelie
0シェア
FacebookTwitter

ドスパラが初めてのロボットプログラミングに向けた小型ロボット『べゼリー』の開発キットを販売開始しました。税込価格で1万9999円と、初めてロボットプログラミングに挑戦する人にも購入しやすい価格が魅力です。
▲3つのサーボモーターをボディ外に備えるのが外観的な特徴。それにより小型化できているとのことです。


▲プログラムで各種リアクションの設定が可能です。話しかけたら踊るように設定するなど遊べる要素も備わっていますよ。

べゼリーにはArduinoを使ったプログラミングが可能で、言葉を話させたり踊らせたりといった操作を実行できるようになるのが特徴です。各パーツは3Dプリンターで作られており、3つのサーボモーターを体外に設置する構造を採用したことで、小型サイズながら首の縦振りや回転、身体の横振りができます。


▲パーツ数自体は多くないのですが、電力を供給するUSBケーブルやACアダプターは別売。


▲完成後はデスクなどに設置して、人に見てもらっても楽しいかもしれません。自分が作ったロボットという事で自慢できます。

付属の小型マイコン『Arduino Micro』にプログラムを組み込んで、光・距離・音を判断する各種センサーと接続することで様々なアクションを実現するので、制作後には自宅や会社のデスクに置いて、人に自慢するのも楽しそうですね! とりあえずロボットを作ってみたかったという人にオススメの製品です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bezelie, dospara, robot
0シェア
FacebookTwitter