スマホユーザーの多くは通信データ節約を意識。対策はWi-Fi活用がメイン:MMD研究所

JIN UTSUI
JIN UTSUI
2016年05月9日, 午後 03:00 in docomo
0シェア
FacebookTwitter


MMD研究所は、docomo、au、SoftBank、Y!mobile、格安SIMをスマートフォンで利用している人を対象に、『モバイルインターネット通信に関する利用意識調査』を実施しました。契約中プランの月間データ通信量や、実際の使用量、通信の節約に対する意識などについて調査した内容となっています。

調査期間は4月15日~22日で、対象ユーザーは10代以上の男女1097人(4キャリア利用者551人、格安SIM利用者546人)。

契約しているプランの月間データ通信容量についての質問には、4キャリア利用者は「わからない」(20.1%)、「5GB」(17.8%)、「7GB」(16.7%)が上位で、格安SIM利用者は、「3GBプラン」(31.9%)が最多という結果になりました。なお、格安SIM利用者が契約プランの月間データ通信容量が「わからない」と回答した人は5.9%でした。

Other

続いて実際に使用している月間のデータ通信量は、4キャリア利用者は「わからない」が18.7%、対して格安SIM利用者は「1GB未満」が19.2%とトップとなりました。

Other

データ通信量の節約意識についての設問には、4キャリア利用者では、「かなり意識している」(20.3%)と「やや意識している」(33.0%)と合わせて53.3%、格安SIM利用者は、「かなり意識している」(28.9%)、「やや意識している」(36.3%)の合計65.2%と、半数以上の人に節約意識があることがわかる結果となりました。

Other

データ通信量に節約意識があると回答した650人(4キャリア利用者294人、格安SIM利用者356人)には、データ通信量節約のためにしていることについても聞きました。両者ともに「アプリのDLやアップデートはWi-Fi接続時のみ行う」が約6割、「動画などのデータ容量の大きいコンテンツはみないようにしている」が約半数と続きました。

また、「常時通信するようなアプリはオフにしている」「外出時などは公衆無線LANの接続をするようにしている」といった工夫も、両者ともに約3割の人が行っていることがわかりました。

Other

キャリア利用者と格安SIM利用者とでは、通信節約のためにしていることはあまり差がありませんが、やはり節約意識は格安SIM利用者のほうが高いようですね。
 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: docomo, kddi au, mmd, softbank, ymobile
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents