ドコモ、富士通製arrows Tab F-04H発表。10.5型有機ELに虹彩認証、MIL Spec 14項目準拠

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2016年05月11日, 午前 10:10 in arrows
0シェア
FacebookTwitter


NTTドコモは、富士通製Android 6.0搭載タブレット arrows Tab F-04Hを7月下旬に発売します。10.5インチ WQXGA(2560 x 1440)解像度の有機ELディスプレイを搭載するほか、防水・防塵はもちろん米国防総省の軍事調達規格MIL-Spec 14項目を取得。虹彩認証も備えるハイエンド端末です。
ディスプレイには、10.5インチの2560 x 1440解像度の有機ELを採用。有機ELは液晶に比べて高コントラストで鮮やかなのが特徴です。F-04Hはワンセグやフルセグの再生に対応するほか、Wi-Fi/LTEで同時通信するマルチコネクションにより、インターネット上の動画も快適に楽しめるとしています。

プロセッサは1.8GHzデュアルコア+1.4GHz クアッドコアのヘキサコア構成です。

RAM容量は3GB、ストレージ容量は32GB。外部ストレージは最大200GBまでのmicroSDXCまで対応しています。Wi-Fi対応規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/ac。LTE(Premium 4G)は受信最大225Mbps、送信最大50Mbpsとなっています。

IP58相当の防水や防塵に対応するほか、米国防総省軍事調達規格のMIL-Spec14項目をクリア。内訳は防水(浸漬)・防水(風雨)・防塵・耐衝撃・耐振動・帯日社・防湿・塩水耐久・高温動作・高温保管・低音動作・低圧動作・低圧保管となっています。



また側面には滑り止めのグリップ加工を施しており、机の表面に接する側が滑らないために、スタンドがなくても壁に簡単に立てかけ可能。幅広い利用シーンに活かせそうです。また、立てかける壁が無い場所でも使えるように、卓上スタンドを同梱します。

また生体認証として虹彩認証のIris Passportを搭載。手が離せないような利用シーンでも一瞬でロック解除が可能としています。

本体サイズは175 x 266 x 6.8mm、重量430gと薄型軽量です。カラーはブラックとホワイトの2色。従来のarrowsタブレットに比べるとかなりシンプルで、ビジネスシーンにも似合うデザインに仕上がっています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: arrows, docomo, f-04h, fujitsu, tablets
0シェア
FacebookTwitter