Mozillaが、Firefoxブラウザーのユーザーに未発表の機能をテストしてもらうTest Pilotプログラムを開始すると発表しました。Firefoxにはすでに用途に合わせたいくつかのビルドが用意されていますが、Test Pilotでは一般向けのビルドで正式採用前の新機能を試すことができます。i古くからのFirefoxユーザーならTest Pilotという名前に見覚えがあるかもしれません。実はMozillaは2009年に最初のTest Pilot機能をアドオンの形で提供しており、今回のプロジェクトは言ってみれば再始動した格好と言えるかもしれません。
 
 
今回のTest Pilotでは、ユーザーは3つの開発中の機能を試すことができます。まずは「ActivityStream」。これはサイドバーから新しいタブを開いた時に、検索窓とよく訪れるサイトへのリンクの他に最新情報を示したハイライト、さらに訪れたサイトの履歴をタイムライン形式で表示します。毎日決まったサイトを訪れる人にとっては、ツールバーからブックマークを開いて...といったステップを省略できる機能です。
 
2つ目の「Tab Center」は、ページのタブをブラウザーの上部ではなくすべて左サイドに縦に並べて表示する機能。たくさんのタブを並べると、サイト名などが表示されなくなってしまうのと、ワイドなディスプレイに全画面表示した時のスペースの有効活用の面で効果がありそうです。

そして最後の「Universal Search」機能は、アドレスバーに検索語句を入力する際に、過去の訪問履歴から入力を保管したり、予測変換でおすすめサイトなどを表示するいわゆるAwesome Bar(スマートロケーションバー)機能の強化版です。
 
 
なお、各機能は個別に有効/無効化が可能。気に入らない機能はすぐにオフにしても問題ありません。
Mozillaは、Test Pilotの機能復活について、ベータ版やNightly Buildなど、リリース版とは異なるブラウザーをわざわざインストールしようとは思わない一般的なユーザーに広く新機能をテストしてもらい、その利用データやフィードバックを得ることが、開発の加速につながると判断したとしています。

普段の環境を壊さずに、将来搭載されるかもしれない新機能を試すことができるこの「テストパイロット」機能。志願者は、MozillaのサイトでFirefoxアカウントを作り「Test Pilot」アドオンを導入してください。