15ポート2.4A出力対応のUSBハブが登場。冷却ファン内蔵で安定動作を実現

Yuki Yamashita
Yuki Yamashita
2016年05月19日, 午後 04:00 in 2.4A
0シェア
FacebookTwitter

エレコムは、多数のタブレットを同時に急速充電できるUSBハブ(USB2.0)を5月下旬より発売します。

全ポート2.4Aに対応しており、10ポート搭載の『U2HS-T10SBK』と15ポート搭載の『U2HS-T15SBK』の2機種が展開されます。価格はU2HS-T10SBKが6万4584円(税込)、U2HS-T15SBKが6万9984円(税込)。教育現場や企業向けとしています。
▲インジゲーターの点灯でデータ通信中や充電中が確認できる仕様です。ハブ自体の電源もスイッチで用意されています。

2.4Aという高出力で10端末以上の急速充電や、PCと接続して一括同期・更新にも対応するかなり便利な製品です。もちろん、通常のUSBハブと同じくマウスやキーボードといったUSB接続のPC周辺機器を使うことも可能です。


最大の特徴と言えるのは、効率良く放熱させる冷却ファンを内蔵しており、全ポート稼働させても安定して利用できるという点。さらに、日本メーカー製の電解コンデンサーを採用するなど信頼性の高さにも注目です。

値段はまさしく業務用価格ではありますが、変態ガジェットが好きな人にはたまらない1台かと思います。自作した超ハイスペックPC用のハブや、ゲーム大会の端末用充電ハブに悩んでいたという人にもピッタリかもしれませんね。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 2.4A, elecom, usb hub
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents