iPhoneのTouch IDでMacをロック解除する機能、次期OS Xに搭載のうわさ。WWDC 2016で発表か

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年05月21日, 午後 12:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter

WWDC 2016での発表が見込まれる新しいOS Xには、iPhoneのTouch IDやApple WatchでMacのロックを解除できるようになるかもしれません。アップルはこの3月に「iPhone とMac をワイヤレス接続し、iPhoneのTouch IDをMacのパスワード入力の代用とする技術」を特許申請していました。
アップル系のうわさを集める情報サイトMacRumorsによれば、このロック解除方法はiPhoneをMacをBluetooth LEでペアリングしておけば、Macのロック解除画面でiPhone のTouch IDが指紋認証デバイスとして利用できるとのこと。さらにこのiPhoneとペアリングしているApple Watchからも同様にMacのロック解除ができるようになるかもしれないとしています。

iPhoneのTouch IDでMacのロックを解除する機能は、すでに「MacID」や「Knock」といったサードパーティアプリが実現しており、取り立てて騒ぐほどのものでもありません。とはいえOSの標準機能として搭載されるとなれば(Touch ID搭載のiPhoneなどが必須ではあるものの)指紋認証スキャナーを持たないMacのセキュリティも、より高められると言えそうです。

またiPhoneの持ち主がMacの管理者ユーザーであれば、たとえばソフトウェアのインストール時に求められる管理者パスワードの入力をTouch IDで代用できる可能性もありそうです。
 
 
Touch IDにはほかにもiPhoneのSafariブラウザーと連携して、ウェブサイト上での商品購入にApple Payを利用可能とするうわさが報じられており、アップルがTouch IDのセキュリティ機能を積極的に応用しようとしていることがうかがえます。

例によってこれらの情報はアップルがコメントしたわけでもなんでもなく、噂が本当かどうかは6月13日に始まるWWDC 2016までわかりません。WWDC 2016に関してはOS XへのSiri搭載の話もあります。長年のアップルファンにはむしろ、この待ちの期間が楽しかったりもするものです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, biometrics, BiometricSecurity, gear, login, mobile, osx, personal computing, personalcomputing, security, software, Touch ID, touchid, unlock
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents