サムスンは、同社のスマートフォンや関連製品を使ったエンターテインメントを楽しめる「Galaxy Studio」を東京・丸の内の商業施設「KITTE」の1階アトリウムにオープンしました。6月8日までの期間限定です。

目玉の一つとなるのが、Galaxyシリーズと組み合わせて使うVRヘッドセット『Gear VR』と、可動式シートを組み合わせ、迫力のジェットコースターVRムービーが体験できる「VR 4Dシアター」(写真)です。このシアターをはじめ、さまざまなスタジオ内のブースが無料で体験できるのもポイントです。
「Galaxy Studio」は、5月19日の『Galaxy S7 edge』日本発売に合わせて設置されたエンターテインメントパーク。これまではサムスンの本拠地である韓国や、英国・ロンドン、そしてシンガポールなど、世界各国で実施されています。



目玉となるVR 4Dシアターは、タイトルで紹介したジェットコースターのほかにも、サーフィン版を用意。こちらは写真のように、ボードに乗って楽しむ趣向です。

他にも、Galaxy S7 edgeを使った「デジタル金魚すくい」、暗室でのホタル撮影、スマートウォッチの Gear S2や参考展示の360度カメラ Gear 360の体験コーナーなど、計12個のブースを設置。さまざまな切り口で、Galaxyシリーズ製品の魅力を体験することができます。



さらに来場者へのスタンプラリーも実施。来場時に手渡されるカードに、各ブースを回ると押せるスタンプを集めると、Galaxy S7 edgeなどの豪華賞品が当たる抽選に応募が可能。また、各ブースで写真を撮影してSNSにアップロードすると、その写真をシールにしてプレゼントしてくれるサービスも実施されています。



なお、「Galaxy Studio」内にはNTTドコモ版とau版Galaxy S7 edgeの販売デスクも設置されており、もし気に入った場合はその場での購入も可能となっています。Studioならではの購入特典として、日本未発売の専用カバー贈呈も実施中です。

なお本誌では、石野純也氏による韓国でのGalaxy Studioレポートも紹介しています。共通ブースも多いので、興味のある方はぜひこちらも参照ください。

「Gear VRも一緒にほしくなる」 Galaxy S7、S7 edgeの魅力を韓国でたっぷり体験してきました