au、1日980円で使える「世界データ定額」発表。海外でも日本のデータ定額プランを利用可能

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2016年05月31日, 午後 02:05 in au
0シェア

海外でスマートフォンのデータ通信を利用すると料金が高額になる。そんな心配の払拭をうたう新プランをauが発表しました。2016年8月に開始する「世界データ定額」は、24時間980円の利用料金で、日本で加入しているデータ定額プランの容量をそのまま海外で使えます。

auが8月に提供を開始する「世界データ定額」は、利用開始から24時間、日本で加入しているデータ定額プランの容量をそのまま海外で使えるサービスです。従来の海外ローミングでは、日本時間基準の1日において、24.4MBまでのデータ通信で最大1980円、使い放題で2980円の高額なローミング料金が発生していました。それらに比べて割安に利用できるというわけです。

利用には事前に「世界データ定額アプリ」をダウンロード。また、データチャージオプションおよび対象料金プランへの加入が必要です。データチャージオプションは申し込みが必要となる無料のオプションで、データ容量の追加購入や、各種データサービスの利用も可能になります。







対象地域は海外32の国と地域。日本人の海外渡航先の約7割をカバーするとしています。
  • 北米:アメリカ (本土)、アメリカ (アラスカ)、カナダ
  • アジア:韓国、台湾、タイ、香港、シンガポール、マレーシア
  • オセアニア:ハワイ、オーストラリア、ニュージーランド、クリスマス島
  • ヨーロッパ:ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、オランダ、スペイン、ベルギー、オーストリア、チェコ、スロバキア、スイス、ルクセンブルク、サンマリノ、バチカン、リヒテンシュタイン
  • 中南米:プエルトリコ、米領バージン諸島
  • アフリカ:カナリア諸島、スペイン領北アフリカ

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: au, au2016summer, kddi
0シェア