お値段5万9400円、Dysonの高額ドライヤー Dyson Supersonic を3週間使ってみた

弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
2016年06月1日, 午後 09:40 in dryer
0シェア
FacebookTwitter

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。羽根のない扇風機や、高性能な掃除機で有名なダイソンがドライヤー「Dyson Supersonic」を発売しました。発表会にて編集部に提供された製品を約3週間、実際に使ってみました。やたらと高いドライヤーの実力はいかに。

今回使用したのは、レザーボックス付きの直販限定モデル。サー・ジェームズ・ダイソンがデザインした本革のケースに入りで、かなり高級感があります。本体には、手ぐしできれいにまとまるスムージングノズル、ピンポイントのブローができるスタイリングコンセンレーター、ウェーブを綺麗に見せるディフューザーがついています。

実際に使ってみるとかなりの風量。乾燥するまでにかかる時間は体感で5分ほど短縮され、普段より髪がサラサラになる感覚に驚きました。とはいえ4万8600円(税込)と、とにかく高額(今回の直販モデルは5万9400円!)なので、買うには勢いが必要かもしれません。

......が、髪は年齢が出るポイントです。抜け毛防止の意味でも、髪にダメージを与えないように細心の注意を払いたいですよね。出張が多い私には、旅先に本体を持っていくのが大変で辛かったです。動画は1分37秒。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dryer, dyson, Dyson Supersonic, haircare, Supersonic
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents