ゆるい会話を楽しむスマートトイ『スマポン』。スマホの画面に置くだけ、電池不要

TOKORO KEI
TOKORO KEI
2016年06月3日, 午後 12:00 in smart toys
0シェア
FacebookTwitter


タカラトミーは、ゆるい会話を楽しめるスマートフォン連動型コミュニケーショントイ『スマポン』を発表しました。発売日は7月2日。価格は1500円(税抜)。

『スマポン』は、専用アプリをインストールしたスマートフォンの画面に置くだけで遊べる電池不要の玩具。画面から透過された光によって表情を変化させるほか、音に反応してしゃべってくれます。ただし、会話の内容はテキトーで、ゆるいコミュニケーションを楽しめるのが特徴となっています。

初めに、専用アプリで自分の性別・血液型・好きな食べ物などを設定すると、オリジナルの『スマポン』が誕生。毎日話しかけたり、お世話をすることで、「ノーマル」「アマエンボ」「オタク」「オネエ」「オヤジ」「チョイワル」という6種類に変化し、話し方も変わっていきます。



収録されているワードは2000以上。アプリの更新により、旬のワードなどが追加される予定です。また、会話機能のほかにも、ごはんをあげるお世話モードやゲーム、相性占い、『スマポン』の声によるモーニングコールやタイマーなどの機能も搭載しています。

なお記事公開時点で、公式Webサイトから専用アプリのストアページへ遷移するリンクは無効になっていました。

また、タカラトミーでは、『スマポン』のCMキャラクターとして、女子中高生に人気のタレント、藤田ニコルさんを起用。11月末までの期間限定で、藤田ニコルさんのオリジナルボイスが『スマポン』の声として提供される予定です。



専用アプリの対応OSは、Android 4.2以降またはiOS 8.3以降。本体サイズは約44×41×44mm、重量は約30gとなっています。カラーバリエーションはピンク、イエロー、グリーン、ブルー、パープル、ホワイトの全6色。

「今日のにこるんかわいい?」 「フツー」

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: smart toys, smartphone, takaratomy
0シェア
FacebookTwitter