レノボ、折り畳めるタブレットとブレスレットに変形するスマホ『CPlus』をデモ。曲がるディスプレイ採用のコンセプト品

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年06月10日, 午後 03:00 in gear
0シェア
FacebookTwitter
レノボが、新製品発表イベントLenovo Tech World 2016にて、折りたためるタブレットと腕に巻き付けられるスマートフォンのコンセプトモデルを発表しました。スマートフォンのほうは、腕に押し当てると曲がってブレスレットのように装着することができます。
これまでにもフレキシブルディスプレイを備えるスマートフォンやタブレットのコンセプト品はサムスンやLG、ノキアなどが発表していました。しかし、いまだ製品として発売されたものはありません。

そこには耐久性の問題や、バッテリーや電子基板のような折り曲げられない内部パーツの配置の問題などが絡んでいると考えられます。しかし、今回レノボがデモしたモデルはかなりうまく機能しているように見えるものです。

まずタブレットの方は、猫の画像を表示しつつ、画面を山折りにしてファブレットサイズにし、通話もできるとジェスチャーで示しています。スマートフォンの方は通常の状態ではやたら縦長に見えるものの、腕に押し当てるとパチっと音がして、ブレスレットのように変形、装着することができます。

レノボは、これら2種類のコンセプトモデルをLenovo Tech World会場に展示しています。
 
 
いずれもコンセプトモデルなので、これがそのまま製品化されるわけではありません。ただ、次世代のそのまた向こうあたりには、このような製品もいくつか発売されているのかもしれません。

ただ、ブレスレット型のスマートフォンは見た目には面白いものの、製品化されたとしても夏場は汗でベタベタになりそう。そのあたりの対策もしたうえでぜひとも製品化してほしいものです。
 

後ろの人のフリーズっぷりが...









 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: gear, lenovo, mobile, MotoLenovo2016, wearables
0シェア
FacebookTwitter