iOS 10はアップル純正アプリの削除が可能。再インストールはApp Storeから、ただし関連データは復旧不可

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年06月14日, 午後 04:30 in apple
0シェア
FacebookTwitter
iOS 10では、これまで不可能だったアップル純正アプリのアンインストールが可能となります。米アップルがサポートページでその方法を公開しました。米アップルのサポートページによると、iPhone、iPad、iPod touchから削除できる純正アプリは下のとおり。
 

アンインストール方法は通常のアプリと同じで、アイコンを長押ししてアプリをブルブルと震えた状態にし、アイコンの左肩に表示されるバツ印をタップするだけです。
 
 
注意すべきは、これらアプリをアンインストールした場合、関連するユーザーデータやファイルも一緒に消えてしまうということ。アプリ自体はApp Storeから再びインストールできるものの、一旦削除してしまったデータまではもとには戻りません。

また、Apple Watchのような連携するデバイスにも影響をおよぼす場合があります。たとえば、株価アプリと天気アプリをアンインストールしてしまえば、Apple Watchでそれらの情報を確認することができなくなります。

アップルはこれらの純正アプリは非常にコンパクトなため、全部を削除しても確保できる空き容量は150MBに満たないと説明しています。よってストレージがいっぱいだからといってこれらのアプリを削除しても、期待したほどの効果は得られないかもしれません。

とはいえ、Apple Watchを持っていない人にWatchアプリは間違いなく不要。「友だちを探す」アプリなども使ったことがないという人は多そうです。やはり、不要な純正アプリが削除できるならそれに越したことはありません。

純正アプリの削除機能は現在、iOS 10の開発者プレビュー版で利用可能。ただし正式リリースでふたたび削除不能になる可能性もあることはご理解ください。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, apple wwdc, apps, Built-in apps, ios, ipad, iphone ios 10, macbook pro, smartphones, tablets, technology, wwdc, wwdc 2016, wwdc2016
0シェア
FacebookTwitter