dTVがApple TVに対応。Apple TV向けに独自ザッピングUIが採用され使いやすい設計に

Yuki Yamashita
Yuki Yamashita
2016年06月16日, 午後 04:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter

NTTドコモの映像配信サービス『dTV』に第4世代の『Apple TV』が対応しました。

dTVは以前よりAmazon Fire TVやFire TV Stickなどのテレビ視聴デバイスに対応していましたが、満を持してApple TVでも楽しめるようになりました。
Apple TV向けに独自のザッピングUIが採用されており、スマホアプリ同様に予告編から見たい作品を直感的に選択できるという仕様。ライブ生配信やCS放送、FOXチャンネルのリアルタイム配信など、dTVで提供している作品は全て楽しめるようになっています。また、Apple TVに付属しているリモコンひとつで操作できる手軽さも魅力です。


タイトル詳細画面では、全話数の表示や見どころといった番組の情報が掲載されており、面白そうだと思った動画を視聴するか検討しやすい作りになっています。

Apple TVを買ったは良いけどあまり使っていないという人には朗報です。月額500円(税抜き)という低価格で利用できるdTV、サービス未加入の人はこれを機に加入を検討してみてはいかがでしょうか。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, Apple TV, docomo, DTV
0シェア
FacebookTwitter