消費者庁は6月22日、マイクロソフトがWindows 7および8.1ユーザーに対して実施しているWindows 10への無償アップグレードプログラムについて言及しました。『パソコンが起動しなくなるなどの不具合』が生じる恐れがあるとして、確認・留意が必要な事項について案内しています。

マイクロソフトは現在、Windows 10へのバージョンアップ実施予定日をあらかじめポップアップで通知。そのうえで、個人ユーザーが日時の変更やキャンセルを行わない限り、その日時になると自動的にアップグレードを始める方法をとっています。

これについて消費者庁は、ソフトウェアや周辺機器がWindows 10に対応していないため、正常に動作しなくなる可能性や、アップグレード中に誤って電源を切ったために、パソコンが起動しなくなるなどの不具合が生じる恐れがあると指摘。

そのうえで、次の事項について留意や確認が必要だとしています。
  • 今利用している基本ソフトウェア(OS)との違いを確認しましょう
  • ソフトウェアや周辺機器が対応しているか確認しましょう
  • アップグレードの手順を確認しましょう
  • アップグレードを行わない場合、予約をキャンセルしましょう
  • アップグレードの日時を適切に設定しましょう
  • 承諾を求められる事項は、内容を確認した上で判断しましょう
  • 途中で無理にアップグレードを中断しないようにしましょう
  • 元のOSに戻したい場合は、1か月以内に対応しましょう
  • 何か問題や不明な点があれば、サポート窓口に相談しましょう
なお、Windows 10無償アップグレードに関する詳細情報や具体的な操作・設定方法等については、日本マイクロソフト株式会社のAnswer Desk サポート窓口(0120-54-2244)に相談したり、公式サポートページを参照するように呼びかけています。

【関連記事】

7月29日で終わるWindows 10無償更新、期間延長は絶対に『ない』 。日本マイクロソフトが明言

「Windows 10」割安なアップグレード版は提供せず。7月30日以降Homeが1万9008円、Proが2万7864円(税込)

Windows10へのアップグレードで知っておきたい回避すべきトラップと注意事項