ヤマト運輸は、会話AIを活用した荷物問い合わせ機能を同社LINE公式アカウントに追加しました。これにより、LINE上でテキストをやりとりするだけで、荷物状況を確認したり、配達日時や場所を変更することが可能になりました。ヤマト運輸のLINE公式アカウントは2016年1月よりスタート。LINE上で同アカウントと友だちになり、会員制サービス「クロネコメンバーズ」のクロネコIDとの連携を行うことで、トーク画面上で配達予定日時や不在連絡の通知を受け取ることができました。

一方、荷物問い合わせ機能を利用するには、同社のWebサイトに移動する必要があったため、ユーザーからはLINE内で完結してほしいという要望が多数あったといいます。



今回、会話AIを活用した荷物問い合わせ機能が追加されたことで、ヤマト運輸のLINE公式アカウントとのトーク画面上において、会話をするような感覚で荷物状況の確認や配達日時・場所の変更を行うことが可能になりました。また、荷物問い合わせ以外にも、宅配便などの料金やサービス内容の質問も会話で行うことができます。

同社では今後、会話AIの活用をさらに進め、LINEを利用したサービスを拡充させながら、利用客の荷物状況の問い合わせなどの負担を最小限にしたいとしています。